2015年06月27日

店舗ファサード

店舗レイアウトを考える中で、VMDが重要ですと、以前お話ししましたが、そのVMDの一番最初が、店舗ファサードです。ファサードとは建物の外観、外装のことです。店舗ファササードは、店構えと言ったほうが的確かもしれません。お客様がその店舗に入るか、入らないかを判断する決め手になるがこのファサードです。お店の高さのの3倍手前でその店に入るかどうか決めるといわれています。ですから3メートルの高さであれば、10メートル手前でその存在を訴求していなければなりません。
 ファサードで一番のポイントは看板です。看板に大きく業種が入っているか?店名よりも業種の方が大事かもしれません。店名を目当てにその店に入るよりも、お腹がすいたから、レストランに入ろうとか、ティシュが切れているからドラッグストアで買っていこうとか、業種を見て入る人がほとんどです。
 また外装を見て何を売っているか解れば、もっと最高です。文字によるサインよりも具体的なものが、あれば直下で解りやすい。たとえば下の写真でタイの<TUKTUK>が置いてあれば、何か面白い物を売っているかな?などと思ってしまいます。
uchuu1.jpg
posted by kajagogo at 23:49| Comment(0) | 知識

動線調査レポート

今日は、店舗レイアウトの動線調査で、ATC(アジアトレードセンター)に来ています。動線調査は人出が多い土曜日、日曜日がほとんどです。ほんとは、ウィークデイのデータも含め、判断したいところですが、スタッフのスケジュールやお店の運営を考えると難しい事が多いです。なんとか今日一日で、100のサンプルを取りたいと考えています。
2月に岐阜の店舗の動線調査しました。そして、その調査を参考に店舗レイアウトを変更したところ、売上げ高前年比が150%以上アップしました。 ATC店もこのような売上げアップができるよう頑張りたいです。

今、動線調査をして帰路についていますが、サンプル数60で終わりました。退店迄の時間が1時間以上のお客様が5〜6組あり、サンプル数がなかなか伸ばすことができませんでした。
IMG_1959.JPG
posted by kajagogo at 23:15| Comment(0) | 情報

2015年06月24日

アイドマの原理

店舗レイアウトを考える上で、大変重要な考え方があります。それがアイドマの原理(AIDMA)です。すなわち、消費者がある製品を購入するまでの過程を見ると、はじめ「どれどれ」と注意(ATENTION)をみせ、次に「面白そう」と興味(INTEREST)を覚え、「いくらかな」と欲求(DESIRE)し、記憶(MEMORY)にとどめ、購買(ACTION)する。この頭文字を取って、AIDMAと呼び、消費者の購買行動の考え方を説明しています。店舗デザインや店舗レイアウトの計画でこの原理を考えたうえで計画することができます。そして、いまネットの時代となり、AISASという新しい行動パターンが現れている。ATENTION>INTEREST>SERCH(検索)>ACTION>SHARE(評価書き込み共有)というEコマースの考え方である。極端ですが、スマートフォン片手にネットで検索しながら、実際の店舗で商品値段を確かめて、その店でネットショップのの決済をする人もいるそうです。
posted by kajagogo at 19:47| Comment(0) | 知識