2015年07月18日

動線調査表

店舗レイアウトを検証するための調査に、動線調査があります

店舗動線調査の手順は次のように進めます
1.調査店・調査日の決定
2..調査表の作成(店舗レイアウト図)100〜200枚
3.動線調査
4.動線調査集計
5.新しい店舗レイアウト作成・検討
6..新しい店舗レイアウトの実施

動線調査表
chousahyou.JPG

調査表の記入の仕方
1.お客様の動線を入店から店を出て行くまで実線でもれなく書き込む
2.お客さまが止まったところ△、商品を手に取ったところ○、接客した所☆をプロット
3.入店時間やお客様の特徴記入
4.調査数100以上

調査の感想
私は15人のお客様の動線調査を行いました。お客様はけっこうお店の中を回っていろいろな商品を見ているように感じました。またキッズコーナーがあるので、子供を遊ばせるため入店しているファミリーも少なからずいるようです。この人たちは子供を気にしながら店内を散策しています。
またひとつ発見したのは、当然かもしれませんが、商品を購入したお客様の滞在時間が20分以上と長く、いろいろな商品を見比べたうえで購入しているということです。

調査集計結果
120人のお客様の動線調査を終え、それを集計した結果
@2箇所の棚で120人のうちの一人も止まることも、商品を手に取ることもなかった
A寄り付きの悪い商品群があることが発見できた
B極端に人通りの悪い通路がある
C思っていたよりお店全体にお客様が回っていることが解かりました
posted by kajagogo at 22:17| Comment(0) | 情報