2015年07月29日

店舗デザインの平面計画

 店舗デザインで平面計画では、店舗レイアウトと意匠デザインの点から同時に考える必要があります。先に動線・商品レイアウトだけ考えてデザインすると、売らんかなの店舗になってしまい、店舗デザインとしてはあまりいいデザインと言えないかもしれません。でもやはり売上げをとるためにはやはり店舗レイアウトを優先しながら計画することになるでしょう。
 店舗レイアウトをする際、何から決めていけばいいのでしょうか?物販店であれば、まず最初に出入り口の位置を決めることになるでしょう。入口を1か所にするのか、それとも2か所とするのか?入口と出口が別々にあるのが
動線計画は考えやすいでしょう。入口の前でお客様に目を引くためのビジュアルマーチャンダイジングスペース(ディスプレイショーウインド)をファサードのどこに配置するのか。tenguyaplan.jpg
 次のレジ位置をどこにするのか?レジの位置は基本的にお店全体が見える場所(盗難防止、お客様の動きを把握)、また入り口の正面でない場所(正面だと入る人と目が刺すため、入りにくくなる)そして主動線をお店の中をぐるっと回る様に配置する。そのあと、フィッティングルームやストック、などを決めていくといいでしょう。
TENGUYA4.jpg
posted by kajagogo at 21:33| Comment(0) | 知識