2015年06月21日

飲食店の店舗レイアウト

 飲食店の店舗レイアウトでファミレスなど多くの顧客がターゲットの場合、店頭にサンプルケースを設置してメニューを打ち出します。そして次に混雑時のために待合を用意します。レジカウンターにはクロークスペースも考える必要があります。客席のレイアウトでサービス動線とお客様の動線と交わらないことが重要です。おトイレは店の奥で扉を開いたときに、客席からトイレの中が見えないようにレイアウトする。客席4席・ワンボックスの大きさは1.6m×2.4mが目安で、通路幅は1.2mで計画するといいでしょう。
 高級料理店では、サンプルケースなど設置せず、入り口から客席に至る道のりで、気分をどのように盛り上げ今からどのようなお料理が頂けるのかなどの仕掛けが必要です。また他のお客様と目が刺さないようレイアウトを考えることも重要でです。
nejibanaplan.jpg
chezou8.jpg
posted by kajagogo at 01:15| Comment(0) | 知識

2015年06月18日

ヴィジュアルマーチャンダイジング VMD

ヴィジュアルマーチャンダイジング<VMD>は、ファッション店や百貨店では店舗レイアウトのなかで特に重要な考え方です。1900年代初頭、アメリカのブルーミングデール百貨店ではじめて打ち出された展示方法です。今では当たり前のことですが、エスカレーターを上がった正面に、そのフロアで今一番売りたい商品を展示ディスプレイして訴求しました。当時では画期的な試みだったようです。
ヴィジュアルマーチャンダイジングはVMDと略されます。簡単に言えば商品のよさ(MD)をわかりやすく、綺麗に見せる(V)という意味です。お客様は、売り場に陳列されている商品やPOPなどを通じて、その売り場のイメージやコンセプトを感じます。VMDとは、商品を綺麗に見せるというより、ありのままにみせ、提示、演出することです。商品の特性をお客様に知らせ、お勧めしたい商品を伝え、よりたくさんの商品を買ってもらうための販促活動です。店舗レイアウトでこのVMDを何処に配置するかが重要になってきます。基本的に各店舗では通路の突き当たりに配置されます。
cosmic7.jpg

VMDの位置
layout.jpeg
posted by kajagogo at 19:40| Comment(0) | 知識

ゴールデンゾーン

店舗レイアウトでの基礎知識ですが、棚割でゴールデンゾーンという一番よく目に触れ、お客様が手に取りやすい高さの範囲、すなわち床上60センチから150センチまでを言います。ゴンドラ(陳列棚)の陳列で、もっとも見やすい高さ(床面から60センチ〜150センチ)の部分をいい、もっとも売り上げを期待できる黄金の価値を持つゾーンと言われている。コンビニではこのゾーンを勝ち取るために各メーカーが日夜、戦いが続いています。店舗レイアウトでこのゴールデンゾーンは基礎の基礎です。なかでも床から130センチ当たりが、一番目につきやすく、手に取りやすい高さと言えます。
golden5.jpg
posted by kajagogo at 18:56| Comment(0) | 知識